富山自販けんぽ


接骨院・整骨院など適切な受診のお願い  
                                            
 ねんざや打撲の際に、接骨院や整骨院で施術を受ける場合があると思います。しかし、接骨院・整骨院は保健医療機関ではなく、施術を行う柔道整復師も医師ではないため健康保険を使える範囲も限られています。

 具体的には、急性または亜急性の外傷性のけがのみで、以下の点に限られます。
  ● ねんざ、 打撲、 挫傷(肉離れなど)
  ● 骨折、 脱臼(医師の同意が必要です。ただし、応急手当は医師の同意不要)

 また、施術費用については、被保険者の皆さんが健保組合へ申請することにより健保負担分の還付を受ける「療養費」の取り扱いとなりますが、利便性が考慮された結果、療養費の支給申請を柔道整復師に委任することができるようになり、保険医療機関と同様、原則3割の自己負担のみで施術を受けられるしくみになっています。
 療養費支給申請書には自署(または押印)が必須なので、負傷部位、日数、金額など記載事項に間違いがないか確認の上、ご自身で署名(または押印)してください。

 健保組合では保険給付の適正化を図ることを目的として、健康保険証を使って接骨院・整骨院等の施術を受けた方に、後日、施術内容や負傷原因等の照会をさせていただく場合があります。照会に備えて受診内容などはメモしておきましょう。

 皆さんの貴重な保険料を適正に活用するため、適切な受診にご理解とご協力をお願いいたします。

 1.「接骨院・整骨院にかかるときのポイント」のリーフレットはこちら→
 2.「はりきゅう・マッサ−ジにかかるときのポイント」のリーフレットはこちら→